摂食障害を放置しないで!~早めの治療で心と体を健康に~

看護師

不安な心が要因となる

女性

無理なダイエットのために、食べ物をほとんど食べないという方やダイエットの反動で食欲が抑えられないという方がいます。そのような状態が悪化すると、神経性無食欲症や神経性大食症などの摂食障害を引き起こす可能性があるのです。一般的には拒食症と過食症と呼ばれており、それぞれいくつかのタイプに分けられます。まず拒食症の中では、とにかく物を食べない制限型、好き放題食べ物を食べてから嘔吐や下剤の乱用で出し切ってしまう排泄型の2タイプがあります。過食症の中では、拒食症の排泄型と同じく好き放題食べたあとに嘔吐や下剤を乱用するタイプと、とにかく食べて嘔吐や下剤は使用しないタイプがいます。これら以外にも、週に1~2回の頻度で過食をするタイプや食べ物を噛むだけで、噛んだ後に飲み込まずに吐き出すタイプなどの摂食障害も求められており、特定不能の摂食障害として分類されています。主に、拒食症は体重が増えることに対することに異常な恐怖を感じることで引き起り、過食は過度のストレスから引き起るケースが多いと言われています。精神的な部分に関与しているために、うつ病や社交性不安障害といった精神病とも深くかかわっているとされているのです。摂食障害の治療法としては、引き金となった精神面の不安やモヤモヤを取り除くことが行われます。摂食障害の治療に即効性のあるものはないのですが、じっくりと患者さんの気持ちに寄り添って摂食障害の原因となっているものを取り除くことが一番有効です。これらの治療を受けないまま放置すれば、患者さんは悪循環に陥り、身体にどんどん負担が掛かってしまいます。少しでも早く治療を開始して、心の健康と身体の健康を取り戻すことが重要なのです。

辛い痛みと戦う

病院

身体中に痛みを感じ、動かしづらくなってしまう辛い病気であるのがリウマチです。世田谷の病院では、そんなリウマチを専門的に見てくれる病院がいくつかあります。穏やかな作用の治療法から最新の治療法まで様々です。

More…

自宅で診察を受ける

医者と看護師

難病を患っていたり、障がいのために通院が難しい患者さんのために在宅医療を行っている病院があります。世田谷では、介護サービスなどと連携するなどの独自のサービスをプラスした在宅医療を行っているところもあります。

More…

イビキのかき方に注目

女医

イビキはほかの家族の睡眠の妨げになることもあり、家庭内では重大な問題ともなり得ます。しかし、睡眠時無呼吸症候群という病気を引き起こしている可能性もありますので、要注意です。

More…